娘たちに今必要な教育は、「自分の頭で考え行動する力を培う」教育

2期生 福原ひよりさん お母さま

娘がComfort Zoneに入りたいとお願いしてきた時、正直不安で一度は断りました。資格を取れば「必ずこの職業につける」選択の方が、娘のためにも良いのでは?と思っていたからです。
私たち親世代が娘たちの年齢だった頃は学歴重視、年功序列、資格優先の時代でしたから、娘にも当時の判断基準でアドバイスしてしまっていたのです。

しかしながら、時代は変わってきています。娘たちが社会人になる頃は、テクノロジーがさらに発達し、私たち親世代に重宝された「暗記される知識」は無価値になるでしょう。
そんな時代の変遷期にあたる娘たちに今必要な教育は、「自分の頭で考え行動する力を培う」教育です。これらの教育は「絶対こうなる」という安心材料がやや不明確ですから親御さんは不安を感じるかもしれません。ただ子供たちの可能性を親世代の価値判断で潰してしまうのは最も危険で不安定であります。

これはComfort Zoneに入り、これまで以上に自律した娘の成長を目の当たりにしたからこそお伝えできます。子供たちの選択を信じてあげてください。そして応援 してあげてください。Comfort Zoneには感謝の気持ちでいっぱいです。これからも娘への愛溢れるご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。