教育方針

EDUCATION

意思決定とリーダーシップを持ち、
変化する環境に臨機応変に対応できる人財

ビジネスや私生活を送る上でComfort Zoneは「問題解決力」「リーダーシップ力」「意思決定」が重要であると考えます。 どんな人でも 選択をしなければならないこと、問題に向き合わなければならないことがあります。 全ての状況で向き合い、思考し、乗り越えていくための根本的な考え方やビジネススキルを学び、 多様化していく環境の中で自分が見出す価値を磨いていきます。

3つの力

問題解決能力

問題を受け入れる受容の広さ、問題解決へと導く積極性、追求力を身につけていきます。 ビジネスの場では、感覚的な解答ではなく「何故それが起きてしまったのか?」という問題の根本を理解し、 類似の問題を繰り返さないことが求められます。問題が起きてしまうことや間違える事は悪ではありません。 その問題を把握し、問題を解決し続けることで会社や人は必然的に成長し続けます。 発見・解決するための力を身につけるために考え方と姿勢を学びます。

リーダーシップ能力

現代の環境の変化に適応していくための状況判断能力、責任感、そして精神を養います。

意思決定能力

常に何かを意思決定する際に、目的意識を持って論理的な思考を徹底し、最小限のリソースで最大の成果を出す スピード感を養っていきます。

授業スタイル

インターリーブ

日本の教育機関ではブロック学習という手法が取り入れられており、1つの授業時間の中で1つの科目を学びます。 英語の授業時間の中で、英語のみを学ぶといった具合になります。それとは異なりComfort Zoneではインターリーブ学習を取り入れています。 インターリーブ学習は、1つの授業時間の中で複数の科目を学びます。ビジネスの場において、 マーケティングだけの思考を使うといったことは稀です。実例や実際のビジネスの業務フローを確認しながら、 マーケティングやセールス、マネジメントなどを学びます。

実践ベースの学習

インプットは最重要項目ですが、アウトプットも同様に大切です。実践ベースの授業にすることで、 インプットした学びを腑に落とすだけでなく。実際にビジネスを行うとき、何をすれば良いかがわかるようになるので心理的負担を下げ、行動量を増やすことができます。

インタラクティブ

講師から一方的に学ぶのではなく、生徒同士でも学んだことを共有や議論を行います。 価値観や考え方は人それぞれ異なります。自分とは違う考え方だからといって排除するのではなく、 受容することで様々な視点での考え方を取り入れることができ、答えを自ら作り出す姿勢が形成されます。 その上で大学とは異なり、Comfort Zoneでは生徒と講師も対等な関係であることを重要視し、授業を実施しています。

エンタメ性

エンターテイメント性の高い授業が記憶に残りやすいことには、脳科学的にも理由があります。 記憶は、"意味記憶"と"エピソード記憶"に分けることができます。人の脳は意味記憶よりエピソード記憶の方が定着します。 また好奇心が出る授業にすることで学習意欲の向上にも貢献します。

WhyとHowの追求

講義では、「Why?」と「How?」を生徒にその都度聞くようにしています。 一つのケースに対しても、なぜそうなのか?どうしてそのような結論になったのか?を考えWhy?を考える習慣を身につけていきます。 そして、なぜ?を考えた後に必ず、How?どうすればできるのか?という問いに対して生徒全員が自分の答えを出し、行動ベースまで落とし込み、実際に行動を起こすところまで行います。

授業スタイル
授業スタイル

インターリーブ

日本の教育機関ではブロック学習という手法が取り入れられており、1つの授業時間の中で1つの科目を学びます。 英語の授業時間の中で、英語のみを学ぶといった具合になります。それとは異なりComfort Zoneではインターリーブ学習を取り入れています。 インターリーブ学習は、1つの授業時間の中で複数の科目を学びます。ビジネスの場において、 マーケティングだけの思考を使うといったことは稀です。実例や実際のビジネスの業務フローを確認しながら、 マーケティングやセールス、マネジメントなどを学びます。

実践ベースの学習

インプットは最重要項目ですが、アウトプットも同様に大切です。実践ベースの授業にすることで、 インプットした学びを腑に落とすだけでなく。実際にビジネスを行うとき、何をすれば良いかがわかるようになるので心理的負担を下げ、行動量を増やすことができます。

インタラクティブ

講師から一方的に学ぶのではなく、生徒同士でも学んだことを共有や議論を行います。 価値観や考え方は人それぞれ異なります。自分とは違う考え方だからといって排除するのではなく、 受容することで様々な視点での考え方を取り入れることができ、答えを自ら作り出す姿勢が形成されます。 その上で大学とは異なり、Comfort Zoneでは生徒と講師も対等な関係であることを重要視し、授業を実施しています。

エンタメ性

エンターテイメント性の高い授業が記憶に残りやすいことには、脳科学的にも理由があります。 記憶は、"意味記憶"と"エピソード記憶"に分けることができます。人の脳は意味記憶よりエピソード記憶の方が定着します。 また好奇心が出る授業にすることで学習意欲の向上にも貢献します。

WhyとHowの追求

講義では、「Why?」と「How?」を生徒にその都度聞くようにしています。 一つのケースに対しても、なぜそうなのか?どうしてそのような結論になったのか?を考えWhy?を考える習慣を身につけていきます。 そして、なぜ?を考えた後に必ず、How?どうすればできるのか?という問いに対して生徒全員が自分の答えを出し、行動ベースまで落とし込み、実際に行動を起こすところまで行います。

6つの力

6つの個人のC

上記の授業スタイルに則って、各生徒の目標を達成するために必要な"C"を育んでいきます。 マインドは自身の全ての行動原理に根ざすため、ビジネススキルを学びますがそれ以上に考え方やマインドを 築いていくのがComofort Zoneの価値です。