元ウブロジャパン 代表取締役 高倉氏から学ぶ ブリコラージュ思考

Company, Student, Teacher2015.8.30

「できない理由を探すのではない。実行不可能な理想論を掲げるのでもない。今与えられている条件の中で、解決策を見つけること」

|限られた経営資源の中で

 言い訳ばかりしていると今どきの若者には耳の痛いことをズバリと語るのは、高倉豊氏。

高級時計メーカーのウブロやタグホイヤーの日本法人など計5社の外資系企業のトップを20年にわたって歴任。次々と業績を回復させ、”ブランド再生人”と称される経営者である。現在はビジネスコンサルトとして活動するとともに、次世代を担う人材育成を目的とした実践型の講習を提供している。

 塾の開設は、自らの経験に基づいているという。高倉氏は大手広告代理店の博報堂を退職した後、外資系高級化粧品メーカー、パルファム・ジバンシイの日本法人トップにつくことになった。化粧品はそれまで全く未経験の分野。しかも、「ヒト、モノ、カネ」の経営資源が限られる中、課せられたのミッションは「百貨店に売り場を獲得する」というものだった。

 某大手化粧品メーカーに現状の打開策を聞くために足を運ぶと、信じられないほど丁寧に教えてくれた。ところが、それは経営資源を潤沢に投入できる大手のやり方であり、手元の予算は乏しく、従業員数や小品のラインアップも他社に比べて圧倒的に少ない自社の状況では不可能な方法だった。

「ヒト、モノ、カネの資源が限られている中でなければ、お前に任せていない」

 その時にジバンジイの上司から言われたことが、その後の人生に大きな影響を与えたという。

 見回すと、経営資源が限られているのに、同業他社との価格競争を繰り広げ、ありふれたサービスしか提供できていない企業がいかに多いか。

|実際に抱える課題を教材に

企業が生き残っていくのに必要なこととは…。

「絶対に答えを見つけ出すと言う思いを持ち、常に周囲の世界を見て、周りの人の声に耳を傾け、アンテナを張り、考え続ける。そうすれば必ず答えにたどり着くことができる」

 自身の経験に基づき、八方塞がりの中でも結果を出し続けるための秘訣を受講生たちに伝授。柔軟な思考法を身につけてもらうことが、高倉塾の大きな目的だという。

 新たに学んだ「差別化」や「問題解決」のための思考方法を実業で存分に発揮し、企業を発展させ、世の中にインパクトを与えて欲しいと言う強い思いで講義を行っている。

 そのためにも、机上の空論で終わるありきたりな講義ではなく、地方自治体や企業が実際に抱える課題について、受講生が主体となったワークショップで解決方法を見つけ出す講習を提供している。

 これまでに、奈良県五篠市や山口県の地域活性化について取り組んだほか、今後は「下着の差別化」をケースワークとするなど、どうすれば受講生の学びが深まる企画となるか、運営面でも様々な工夫を凝らしているという。

 受講生は、企業の経営者や役員のほか、次世代を担う若手起業家から普通の社員まで幅広い。業種・行秋を超えたネットワークを構築できることも大きな魅力の一つである。

「リスクをおわないことが一番のリスク」

|高倉塾長に聞く 問題解決の秘訣とは

高倉氏に限られた条件の中で問題解決の方法を見つけ出す秘訣などについて聞いた。

|アンテナを張り、感性を大切に

 これからの日本や世界がどう発展してくかは誰にも予測がつかない。その証拠に10年前、誰もがスマートフォンを操作」しながら歩いている姿を誰が予想しただろう。

 そんな不確実性と、少子高齢化や市場の縮小、価格競争の激化といった限られた条件の中で生き抜いていかなければいけない。ただ、恐れてはいけない。答えは見つけられていないだけで、身の回りに無数にある。気づける人と気づけない人の差は本当に僅か。

 その僅かな差とは、普段周囲にアンテナを張り巡らせているか、自分の感性を大切にしているかという、2点だ。完成とは、直感であり、ひらめきであり、勘のこと。感性を鍛えるには、常識にとらわれないことが重要。頭で考えて出てくるアイデアは誰もが思いつくものが多い。自分の考えや感じたことを大切にすることが重要だ。

 個性を出し、周囲を差別化を図ることは決して簡単なことではないが、感性を存分に働かせてイノベーションを起こし世の中に影響を与えてほしい。

 イノベーションを起こし新たなモノを想像することは、失敗のリスクも大きいが、成功すれば、敵がいないことを意味する。失敗を恐れず入念な仮説を立てることが成功への近道となる。仮説に力を注ぐことが非常に重要だ。

 ただ、100%を求めず、軌道修正をしていくことも必要。仮説通りに物事が進むはずがないからだ。

 だから、60%の確率でうまく行くと確信した時点で一歩踏み出し、そこから徐々に軌道修正しながら100%まで精度を上げることが必要になる。

|夢を持ち今を全力で生きる

 チャレンジすることを恐れてはいけない。答えが見つかりにくい社会の中で生きていく上で、リスクを負わないという選択肢には、失敗と同時に成功も存在しない。リスクを負わないことが一番のリスクと捉えた方がいい。その中で大きな目標や夢を持ち、今を全力で生きることで未来は切り開ける。今を全力で生きなければならない。今を全力で生きなければ未来はなない。今の連続が過去になり、未来へとつながっていく。将来の夢、そして野望を抱くことは本当に大切なこと。

 ただ、遠くを見過ぎて今を努力しなければ、思いが将来かなう可能性は極めて低い。潜在意識の中に将来のビジョンがありその上で今を全力で生きること。頭の片隅にでもビジョンが描けていると、日々の選択がその方向に向かったものになります。

 「大きな夢を持ちながら今を全力で生きる」。そのことを意識して生活していなければ自分の思い描く人物になることができる。過去の成功体験の延長上に成功はないと考えているので、過去のことはすぐに忘れてしまうようにしている。

 自分自身については、年もとったし、今後どうしたいということはあまり考えていない。今の自分にできることを精いっぱいやることが、これから日本を背負っていく人のためになればいいかなと考えている。

CATEGORY